東京都世田谷区でのアロマヒーリングなら
「ラヴィエール」

ラヴィエル

tel

仕事始めに嬉しいひとこと

東京・世田谷・二子玉川のヒーリングサロン
サロン・ド・ラヴィエールの梅村恵子です。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

例年のごとく、年末年始は家事に専念しておりましたが、今日は仕事始めでした。

ありがたいことに、アロマのトリートメントは初めてというクライアントさんがアロマ音叉療法・VRTを受けにいらしてくださいました。

いつもセッション前にチャクラバランスを見させていただき、おすすめのセッションをさせて頂いておりますが、今回は全く初めてということでしたので、クラッシックバージョンに決めていましたが、ちょっと気になる点もあったので、気学からみたクライアントさんのバランスも参考にしながら、カウンセリングをしていきました。

私が気づいた点をお話していくと、納得されることばかりと驚かれていましたが、何よりもセッションを受けた後の身体の軽さには、本当に驚かれて、「まるで鎧か何かを外したかのように軽いです」と感激されていました。

確かにびっしりと何かに覆われているような、身体を頑固にガードしているような印象を受けたので、それが取れたのであれば、相当軽くなられたと思います。

とにかく、仕事も一生懸命で、お客様に喜んでいただけることが自分の喜び、そして、じっとしていられないから、常に動いていたいというタイプなので、
自分自身の為にゆっくりと時間をとって何かをすることもなかったし、したいとも思わなかったそうです。それでも、以前、オイルを購入されたいとお見えになった時に、サロンの雰囲気を気に入って下さり、VRTにも興味をもってくださり、今回お越しいただけることになったのです。

そして、セッション後にこんなことを話して下さったのです。

「音叉やオイルは気持ち良くて、あっという間に眠ってしまったけど、最初に身体に手を当てられた時にものすごい優しさを感じて、自分はこれまで人に優しくしているつもりだったけど、まだまだ優しさが足りないと感じたんです。」

私の手で優しさを感じてもらえた・・・これは何よりも嬉しいことでした。VRTはアロマと音叉の融合でそれだけでも充分に癒されるのですが、セラピストの想いがそこにプラスされます。ツールではなく私の手から何かを感じてていただく・・・これは私の願いでもありました。

昨年から、自分のヒーリングについて色々考えることもあり、それまで突き進もうとしていた方向性を見失いかけたこともあったのですが、今年は迷うことなくすすんでいこうと思います。

私としては、VRTのセッションだけでなく、サロンにお越しいただくだけで癒しが起きる場の設定と、ご自宅に戻られてからもご自身でメンテナンスを入れられるように最小限のツールでできるヒーリング、身に着けること、またはお部屋に置くだけで確実に波動が高まるパワーストーンのご提供に力を入れていこうと思っております。

また、「学びたい!」方には、VRTのセラピスト養成講座、や気学のセミナーもございますので、是非リクエストしていただければと思います。どうぞよろしくお願い致します。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。

サイトへログイン

PAGE TOP