東京都世田谷区でのアロマヒーリングなら
「ラヴィエール」

ラヴィエル

tel

VRT ~長寿バージョン~

こんにちは。

二子玉川・初・アロマ音叉療法士の梅村恵子です。
本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

10月に入りましたね。
今月末には、毎年恒例のハロウィンがあり、私は先月あたりからお菓子を買い集めておりますが、とにかくオレンジ色を見るとそわそわ落ち着かない日々が続いております。

さて、今月でVRTのモニター募集を修了させていただきますが、先月習得しました「長寿バージョン」もお受けいただけますので、今日は長寿バージョンのことを・・・

「長寿」という言葉の響き、皆さんはどうイメージされますか?

私は、思わず赤色をつかってしまいましたが、なんとなくおめでたいような、長生きとかのイメージでおりました。

VRTで取り組む長寿は、美容の面で考えると、「アンチエイジング」で、身体の中身に注目すると「細胞活性」「細胞再生」にアプローチしてくれるので、私としては「細胞活性バージョン」の方が体感的にしっくりくるのですが、これまでの言葉のイメージとは全く違うものでした。

使用するオイルはロンジェビティーやフランキンセンスなど、本当にいい組み合わせがなされていますが、実際に施術を受けてみると、香りに癒されることはもちろんですが、本当に身体の細胞が整えられていく感じです。

先日、クラッシックを受けられたクライアントさんが、施術後に「ばらばらに乱れた細胞が一つずつ組み立てられていくみたい」とおっしゃられたのがとても印象的でしたが、そもそもVRTは、「魂と細胞の浄化・活性」ですから、まさしく感じられた通りなんです。

特にこの長寿バージョンは、これまでの身体の各器官というより、総合的にお身体全体の細胞に働きかけてくれると思います。

ただただ、長生きをするというのではなく、健康で有意義な一生を送るためには、魂の使命と役わりを知ることがとても大切です。ストレスや電磁波、病気などで傷ついた細胞を活性化し、労わり、身体の声を聴くこと・・・そうして色んな気づきを得ながら、自分が生まれてきた意味を知ること・・・長寿バージョンで体感できるのではと思います。

心身が軽やかになることは、アンチエイジングにつながります。人生の喜びや楽しみを感じると、美しくありたいという気持ちは男女問わず生まれてきます。

これまでの人生も意味のあるものだけれど、これからの人生はもっと大切です。年相応に生きるのは、それなりに重ねてきた年月の表れでもあるので、美しく老いるのは素敵なことだと思います。

でも、気持ちまで一緒に老いる必要はないし、見た目も無理なく若く見えるなら、それはそれでいいと思うのです。

本当に不思議ですが、VRTは単なるトリートメントの域を超えているので、施術後の気づきで得られるものは大きいのです。そうすると、本当にやりたかったことがみえてきたり、生き方そのものを見直すチャンスも得られます。これはどのバージョンにも共通して言えることです。

気になる方は、是非、モニターでご体感下さいね。

お問い合わせは→umemura @fd.catv.ne.jp まで。
お待ちしております。

コメントは受け付けていません。

サイトへログイン

PAGE TOP