東京都世田谷区でのアロマヒーリングなら
「ラヴィエール」

ラヴィエル

tel

私がレイキヒーリングを習得した理由

朝晩、めっきり涼しくなってきましたね。

 

今日は私がレイキヒーリングを習得することになったきっかけについて書こうと思います。

 

私には3人の息子がいます。

 

長男は大学4年、次男は高2からアメリカに留学し、卒業後、コミュニティカレッジに入ったのですが、

どうしてもロンドンで勉強したいということで、この9月からはロンドンに留学中。

三男は先日の映画でも書きましたが中学2年です。

 

それで、留学中の次男ですが、中学生の頃反抗期がひどくて、私は毎日のように学校から電話が

かかってきたり、校長室に呼び出されたりと、結構きつい日々を送っていました。

高校受験も直前に受験票を破ったり、まともに話し合うこともできないまま、卒業。何とか高校には

入ったものの、ようやくこのままではまずいと気づいたのか、高2になってすぐに、留学すると言い出しました。私も夫も最初は、短期留学ぐらいに思っていたら、そうではなくて長期でというのです。

本当に留学するの?できるの?という思いもありましたが、どこかに次男なら大丈夫という確信もあったかもしれませんが、このまま適当に高校生活を終わらせるよりは・・・ということで、私たちも決断しました。

それが、ちょうどゴールデンウイークの真っ最中。

そこからがまた大変。 留学エージェントを探し、猛スピードで色んな書類を用意し、ビザの申請をして、

7月の頭にはアメリカへ行ってしまいました。

 

息子は全く英語が喋れなかったし、その時はまだ16歳でしたから、私にしてみれば不安と心配でいっぱいです。毎月エージェントから、学校の成績が送られてきますが、当然不合格ラインがほとんど。

今思えば全く聞き取れないし話せないのに点数を取れるわけはないのですが、心配が募るばかりでした。

 

私にできることといえば、息子が喜びそうな日本の食品やお菓子を送ってあげることぐらいです、

熱が出たって、お腹が痛くなっても何もしてあげられない。それが、母としてはとてもせつないことでした。

 

そんな時にレイキで遠隔ヒーリングが出来ることを知ったのです。

これなら、アメリカにいても日本からヒーリングをしてあげられる!そう思いました。

 

そこから、私のレイキ習得が始まりました。

 

続く・・・

コメントは受け付けていません。

サイトへログイン

PAGE TOP